スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルファンタジー【2月3日】

2010年2月3日 18:30

福岡 JUKE JOINT 外は極寒。

正直に言うと柳川が大盛況だったので気持ちのどこかに
余裕があったのかもしれない。

Owletのリハが終わって開場してもゆっくりした時間が流れていた。
お客さんもまばらでアットホームな感じ。

19:45 Owletの本番が始まる。
1年のブランクがあったわけだけど、新曲も良い感じに仕上がっていた。
徐々に会場を温めるようなそんな雰囲気を作る二人のステージが好きなので
オープニングアクトでよくお願いする。
OAじゃなくて柳川にもゆっくり来て欲しいな
なんて考えながら見ていた。

そして島崎智子登場。

お客さんは13人。アーティストに悪かったなぁ
なんて思っていたんだけど・・・

1曲目に平井くんのカバーをやったあと会場全体、
いやお客さん一人一人の顔を凝視して言った
「今電波受け取ってるからな、ちょっと待ってな。」

ピンと張り詰める空気。
わずか1分の無音が永遠に続くんじゃないかと思うくらい緊張した時間。

それから始まった40分間は生涯忘れられないライブになった。
繊細で剛健、まさに感情むき出して全力で走りきる。
曲間ごとに呼吸を整える姿は、まさに1曲に魂を使い切ったのを
充電してるかのように見えた。

ピアニッシモの部分がものすごく切ない。
うれしいうれしいうれしいうれしいという歌詞を
あんなに嬉しいそうに歌う人を私は知らない。

完全に心を持って行かれた。
余程のことでない限り主催したライブでステージを見入ることなんて
ないんだけど、この日ばかりはステージから目を離せなかった。

しかしそれだけでは終わらなかった。

平井くんも昨日とは違う、戦闘態勢というかそんなライブ。
とくに1曲目の感情の爆発はものすごかった。
レコーダーがずっとピークのまま振り切れていた。
あの時間を後に残すということを拒否するような
その瞬間に命をかけているといった気持ちがダイレクトに伝わってくる。

まさに拳銃で心臓を一発。

全てのミュージシャンに見て欲しかった。
お客さんの数なんて全く関係ない。
魂を燃やすってこのことなんだなって。

人生が塗り替えられる思い。

ダブルファンタジーに関われて本当に良かった。
そしてこの気持ちをもっとたくさんの人に届けたい。
そんなイベントをずっと続けていきたいという覚悟が出来た。


そのライブから10日以上たって今この記事を書いてるんだけど
あのピンと張り詰めた空気感が蘇ってくるのよ。

やっぱり音楽ってすげーな。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

| TOP |

プロフィール

Ton

Author:Ton
福岡県の柳川市で音楽イベント
をやってます。誰に語りかける
ともなくポツリポツリと独り言

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最新コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。