スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルファンタジー【2月2日 前編】

2010年2月2日 10:30

某保育園のホールは園児と子育て支援センターの子どもさんとその保護者
約200名で埋め尽くされていた。

一人1,000円のチケットでも20万円かぁなんて考えちゃうよね。仕方がないよね。

ステージのバックには「ひらいくん」と「こっちゃん」という名前が貼ってある。
こっちゃんというのは島崎さんの愛称だ。

二人が歌う「北風小僧の寒太郎」とか「上を向いて歩こう」とか聴けるなんて
すごく贅沢だよなぁ。同じステージに去年はふちがみとふなとの船戸さん。
一昨年は渡辺勝さんでしょ。すごい子どもになりそうだ。

島崎さんは保育園とかでライブするのは初めてだったみたいだけど
子どもたちの輪の中に入り込んだりしてすごく楽しそうだった。
子どもたちも彼女の関西弁がすごく新鮮だったみたいだ。

ライブの方もめちゃめちゃ盛り上がり、最後にはホール全体がモッシュ状態。
すごいねキッズパワーは。

後日談だけど、送迎バスの中で島崎さんのアルバムかけても
「あ、こっちゃんの声だ」って子どもたち分かるもんね。すごいねぇ。

あと、ライブで歌った曲をリクエストしてきたり。
ゴロゴロは?ブンブンは?って。やっぱり音楽に年齢の壁はない。

ライブが終わって年長組さんとスキンシップの時間。
「ひらいく~ん」「こっちゃ~ん」と子どもたちが群がる。

その時私が一言「この人はたけちゃんです。」と紹介した瞬間
「た~~け~~ちゃ~~~~ん」とミュージシャン人気を
あっという間に抜き去りスターダムにのし上がった。
一斉に彼に群がる子どもたち。ここはまさにマネージャー天国。

「お前ら誰でもいいんか?」と竹ちゃんはいっていたが、人生で一番
チヤホヤされた時間だったらしい。おめでとう竹ちゃん君もスターだ。

平井くんは無謀にも一番大きな子どもを肩車していた。
あぁ30kg以上あるのに・・・と見ていたがやはり肩と腕を痛めた。
毎年、一番でかいやつが平井くんをターゲットにする。なぜだ?

そして柳川名物、ウナギ祭りを決行。もちろんお店は西鉄柳川駅前「古蓮」
平井くんはもう何回目だ?違う店もリサーチしとかないといけないなこりゃ。

会場の入り時間が15:30。それまでにスタッフパスなどを作らなきゃいけない。
なぜいつも当日に作るんだろ?後回しの人生はもうやめたはずなのに。
もしかしたら一回終わってまた始まったのかも。そうかもそうかも。

なんて考えても逃げることはできない。
もちろん間に合わずに完全にテンパってる。音響照明の設営してても余裕がない。

リハは見られずに職場に戻って作業。なんとか開場の18:30に間に合った。
しかし着替える暇がなく、仕事着のジャージのまま受付に立った。

そんなことを知るはずもなく、お客さんは入ってくる。
もちろん何事もなかったのようにみんなが席に着けるよう誘導するのが私の仕事だ。

19:30には70席あった椅子がほぼ埋まってしまった。
柳川始まって以来の超大盛況。最後には立ち見まで。本当に感謝感謝。

そして開演予定時間の19:30を少し過ぎてライブが始まった。


【つづく】


テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

| TOP |

プロフィール

Ton

Author:Ton
福岡県の柳川市で音楽イベント
をやってます。誰に語りかける
ともなくポツリポツリと独り言

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最新コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。