スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエスト・サイド・ストーリー

20091228133426

なに?フィギュアスケートってこんなにすごかったっけ!?

難しいジャンプをコケないように滑った人が優勝する競技かと思ってた。
魅せるスケートってプロのアイススケーターがやるものだと思ってたよ。

だから競技の後にエキシビションがあるものだと。

浅田真央ちゃんが崖っぷちだったのでちょっと見てたんだけど
鈴木明子選手のスケーティングも何気なし見た。

なにこれ?

ジャンプがすべて終わった後のストレートラインステップっていうの?
彼女の情熱?魂?ソウル?もうすべてがブラウン管を通して伝わってきた。

正確に言えばブラウン管じゃなく、46型液晶なんだけど。テヘ。


いや~YoutubeでもUPされているから是非見てください。

人ってこんなに伝えることが出来るの?って思った。



正直、浅田真央ちゃんを今回見て、よかったねとは思えど心は躍らなかった。
鈴木選手のラスト一分のステップですべてもっていかれちゃった。

すげーとしか言えねー。


PCで鈴木選手のこと調べたら「摂食障害」とか出てくると思うけど
全く関係ない。いや、もしかしたらそれを乗り越えたから今があるとしても

このスケーティングを見れば言葉なんかいらないよね。

この人のウエスト・サイド・ストーリーなら何回もみたい。
それは好きなアーティストのライブを見たいという気持ちと何らかわらない。

いい演技も、いい演奏も何かが伝わることだってことを
明確に教えてくれている。

なんとなく演奏したり、なんとなくイベントこなしたりしても
何も伝わらないって事だよね。やるからにはやっぱり何か伝えたい。


良い音楽や映画を見た後のような爽快な気分だった。

負けてらんねーな。
良い刺激もらいました。


テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

| TOP |

プロフィール

Ton

Author:Ton
福岡県の柳川市で音楽イベント
をやってます。誰に語りかける
ともなくポツリポツリと独り言

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最新コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。