スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありったけの正義感

Nakahara_Chuya.jpg

酷い雨音で目が覚める。

 日本の雨は音でよく分かる
 タイヤにまとわりつくキャラメルの雨。


昨日は朝から某保育園の運動会の見学に行き
そのまま仕事の買いものに出た。

銀行でお金を下ろしていると、それはいきなりやってきた。

ウ○コがしたい。

しかし、すぐに漏れるという感じでもなかったので
落ち着いてそのまま近くのコンビニに直行した。

店員さんに「トイレ貸して下さい」とあいさつをし
本のコーナーを通り過ぎてトイレに入ろうと思ったら
氷やアイスを入れてある棚の前で小学生らしき男の子二人が
床にしゃがみ込んで本を読んでいるではないか。

立ち読みならまだしも座り読み?
お客さんに迷惑やろ??

これ、店員が注意しないとダメやろうもん
と思いながらもトイレに入った。

まったく今の子どもたちは・・・いやいや、この行為を
とがめる大人がいないことが問題なのだ。

私も一応子どもに携わる仕事をしている。
ダメなものはダメという大人がいないから、こんな世の中に
なってしまったんだと常々思っていた。

考えるだけなら誰でも出来る、実行することが大事。
私がいつも若い人たちに言っていることじゃないか。


トイレを出る。手を洗うことも忘れて
子どもの前に仁王立ち。

Ton「おい、邪魔ぜ、他のお客さんに迷惑やろうが。」

子ども達はお互いの顔を見合わせ
「ハハハハッ」
「ウケる」

ブチッ・・・何かが切れた。

片割れの天然パーマの髪の毛をわしづかみにして立ち上がらせる。

「邪魔って言よろーがぁぁぁぁぁ」

脳天にゲンコツ一発。薬指に変な痛みが走る。
しかし、こうなったらもう止まらない。隣のボーズ頭の胸ぐらを掴んで
立たせてから今度は手のひらで頭を一発。

「店員さんに謝って帰れーーーー。」

鳩が豆鉄砲食ったような顔して出て行く二人。

しかし、後日 親から苦情が来て、防犯カメラを確認とかになったら・・・。
面倒くさいことにならなければいいけど。



そんなことを便器に座り、リキみながら妄想していた。
やっぱ暴力はいかんな。

そうだ、後ろの氷を取るからゴメンと声をかけ
ちょっと動いたらドアを思いっきり開けて頭にぶつける。
この方法ならば「ほ~ら、危ないやろーが。」で解決
出来るのではなかろうか。素晴らしいアイデアだ。

私はレバーを回し、体の中から出た物体と一緒に
今までの妄想をトイレに流した。

よし、行こう。

少しドキドキしながらトイレを出ると小学生はもういなかった。
おそらく店員さんが注意したのだろう。

代わりに週刊誌のコーナーで発売日から少し過ぎた月刊マガジンを
読んでいるオッサンがいた。

朝から何やってるんだよオッサン・・・
いいや確かに今月号のカペタは面白かったな。

いつもならばそのままお店を出るのだが、何か買っていこう。
今日はそんな気分だ。

カフェラテのノンシュガーを手に持ち、雨の中 車まで走った。

子どもたちに注意できなかった事じゃなくて、
考えた注意のしかたが、ドアで頭をぶつけさせるだなんて
どっちが小学生だよと少し悲しくなって笑ってしまった。


汚れちまった悲しみに六月の冷たい雨が降る。


もう梅雨本番ですね。

 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| TOP |

プロフィール

Ton

Author:Ton
福岡県の柳川市で音楽イベント
をやってます。誰に語りかける
ともなくポツリポツリと独り言

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最新コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。