スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LET HOT 17 ~2011総決起集会 柳川編~ レポート

3月27日(日)

昼過ぎに会場に入り、レットホットスタッフのヤスと
会場設営、買い出し、PAセッティングまで二人でやった。
しかしバタバタで間に合わない。

続々と会場入りしてくる出演者。
最後には彼たちにまで手伝って貰って・・・。

相変わらずのダメイベンターである。

名前と義援金のテンプレは「2011 総決起集会 柳川編」だけれども
やることはいつもと同じ「LET HOT」でそれの17回目である。

チケットが全額義援金になること。その説明をすること。それだけで
必要以上にチャリティを意識しなくてもいいような雰囲気を心がけた。


このLET HOT 17は私個人とても楽しみにしていて、
友部正人や鈴木茂のバックも勤める業界屈指の凄腕バンド
東京ローカル・ホンクの木下弦二さんがやってくること。

彼らのすごさはこの動画を見てください。



Youtube特有の音ズレはありますが、
これマイクで拾ってるのボーカルだけです。
コーラスもドラムも自分たちでバランスとってるの。
素晴らしいでしょ?

そのメンバーとヤナガワサウンドシステムのリズム隊、
タロウちゃんとYamaheyがローカル・ホンクの曲で絡む。
そしてくも膜下出血で倒れてもう復活はダメだろうと思っていた
柳川音楽シーンの生き字引、長老ことWizardがステージに戻ってくること。

小さな、本当に小さな柳川音楽シーンだけれど、楽しみにしていました。

リハーサルでヤナサンのリズム隊と弦二さんと合わせたんだけれど
コーラスも演奏もあるレベルが出来ていないものは全部却下。

後で話したんだけれども、せっかくホンクの曲を練習してくれて、
やらせてあげたかったけど、お客さんがいる前では出来ないという。

その音楽に対する実直な姿勢に感動しました。
お金を払ってお客さんは来てるんだから「ごっこ」じゃダメなんですよね。


そして本番。

PAもやりながら、イベント全体を見ながらと気持ちが
落ち着いてなかったんだろうな。

写真が全部おかしくなっちゃってた・・・。はい、言い訳ですよ。
粗い画像で申し訳ない。

yamajin.jpg

柳川を練習の拠点とするVicbongoというバンドからのスピンオフ
YamaJinからスタート。大人のインストを聴かせる。
Jinさんの義援金に対する気持ち(MC)は素敵だった。
もちろん演奏の方がもっと素晴らしかったけど。

fujita.jpg

そしてこちらも楽しみにしていた、ポカムスの藤田さんのソロ。
mixiのつぶやきや日記を見て本当に音楽が大好きなんだろうなって
ずっと思っていて、是非柳川に遊びに来て貰いたかったのです。

音楽も人柄も純粋で、弦二さん曰く、アレが本当のBLUESだって
いっていました。そう、人間の歌。リアルブルースマン。

ylh02.jpg

木下弦二さん。ソロではホンクの曲からカバーまで。
高田渡も弦二さんが解釈すればあんな風になるのかと感心。

そしてヤナサンが加わり「柳川ローカル・ホンク」これだけでも
痺れる展開なのに、アンコールの後、弦二&Wizardのふたりで
The Flying Burrito Brothersバージョンの「The Dark End Of The Street」

生還率がたった3割しかないくも膜下出血、その後に脳梗塞。
まさか柳川のステージに還ってこられるなんて思いもしなかった。

その後遺症で大切な音程をやられてしまった長老。
でもステージの上で必死に音を探ってハモっている姿は
これが「生きる」って事なんじゃないかと思った。
もがき苦しんでも前に進もうとする男の表情はいつでも胸を打つ。

ylh01.jpg

最後に4人でグレートフルデッドの「Fire Of The Mountain」
弦二さんが軽やかにコンタクトをとる。感情を抑えられず長老が吠える。
ヤナサンの二人もしっかりとボトムをキープ。
ライブハウスもない柳川にグルーヴが生まれた夜でした。

万雷の拍手でライブ終了。

小さなシーンのあつい夜は深夜まで音楽談義に花が咲きました。


お客さんも出演者も楽しそうで、その証拠にドリンクが沢山出ました。

もちろん私も、ものすごく楽しめました。
この達成感がクセになっちゃうんだろうな。

チケットを買って入場してくれた方が20人。
おかげ様で2万円の義援金を送ることが出来ます。

みんな普段通りに楽しんで、誰も損しなくて、2万円もの
支援が出来るなんて素晴らしいと思いませんか?


イベンターとしては何処のイベントとも交流が少なく
本当に小さい独自のシーンですが、昨日も書いたように誇りを
持ってやっていますし、音楽シーンを盛り上げようとしている
一人だと思ってやっています。

規模とか場所とか本当に関係なくて、「なにかをやる」「動く」
ことが最終的に福岡をそして日本を動かす力になるのではないでしょうか?

昨日サッカーのカズ選手が言っていました。
「サッカーは娯楽を超えた存在」だと思うと。

私も音楽は娯楽を超えた存在で、
何かを届けることが出来るとずっと信じています。


いろんな人がいろんな場所で思ったようにやればいい。
きっとそのグルーヴがいろんな人たちの心に届くはずです。

昨日のカズ選手のシュートのように。

がんばろう日本。がんばろう音楽。もう下を向かなくてもいいよ。


The Flying Burrito Brothers/The Dark End Of The Street

いつだって素敵な音楽はすぐ隣にいる。



長文失礼しました。

たくさんの2011 総決起集会が行われることを期待します。

そして、よかったら柳川にも遊びに来てください。

いい街ですよ。

 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

| TOP |

プロフィール

Ton

Author:Ton
福岡県の柳川市で音楽イベント
をやってます。誰に語りかける
ともなくポツリポツリと独り言

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最新コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。