スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平井正也、おおいにうたう ~ふなとさんと二人旅 回想編~

※ 先に「保育園ライブ編」「柳川編」「福岡編」を読んでください。


福岡のライブ後、撤収完了した瞬間にスイッチが入った。

鹿児島スイッチなんか比べものにならない。
開放感、安堵感、達成感、その他諸々感。

まさに五感の開放。

Juke Jointの打ち上げの料理はウマイは
お酒もうまいは
毒は吐くはの大盤振る舞い。

私のエア平井とエアowlet。みんなに見せたかったな~。
もうそっくり。エアというよりモノマネだけどね。

ジンロウさんからはさっきと顔が全然違うと御指摘。

いや~~~~楽しかったんだもん。ほんと楽しすぎた。
これでおわりなんてさみしすぎるよ。

今回のライブを通して人のあたたかさを実感しました。
1人じゃ何も出来ないもんね。


柳川でまたライブがしたいといってくれた平井君。
噛み合わないふたりの珍道中。
柳川でうたいっこした、ふなとべーかりー
2年間で男前になっていたなぁ。男らしくなってた。
場数を踏んだ人には何をやってもかなわない。

楽器(ウッドベース)が歌うっていうのはこの事だったのか。
それとは裏腹に無口な船戸さん。照れたら頭をかく仕草
チャンポンが出来るのをお皿とお箸を持って待つ姿からは
想像もつかない。柳川も福岡もがっちりハートを掴んでいましたよ。
今度はふちがみとふなとでも柳川に遊びに来て下さい。

そして柳川に来てくれたお客さん。
RABISTAさん。ありがとうございます。
ね、楽しかったでしょ?なにかウズウズしてきたでしょ?
そう、これが音楽。

福岡でどこの馬の骨かも分からない私に協力していただいた、たくさんの方々。
Juke Jointさん本当に感謝しています。ありがとうございます。

いつも側で支えてくれるナイスガイ・ナナさん。

本当に私は幸せ者だ。
このイベントをやれたことを誇りに思います。

だって保育園の子ども達までが、また平井君よんでねっていうんだもんな。

そして平井君が最後にいった言葉。
「感謝していることを奥さんに面と向かっていってあげて下さい。」

奥さんがいなければこんなイベントは出来ないと思います。
いつもありがとう。


2009年2月5日 深夜1:30

柳川に帰る車中、この2日間を思い出していた。

柳川駅で二人を待っているときの気持ちとか
福岡の客入りをずっと心配していたこと。
柳川のお客さんが受け入れてくれるのかどうか・・・。

何も心配はなかった。
目を閉じればすぐそこに光景が浮かぶ

柳川での本編ラスト。薄暗い店内。スポットで浮かび上がる二人。
石鹸でのものすごいコール&レスポンス。
お客さんが立ち上がりたいのを必死に我慢している感じ。
鳴りやまない拍手、口笛、歓声。

そして平井君の最後のMCはメンバー紹介から

 「どうもありがとうございました。船戸博史!平井正也!Owlet!」
 「今日お越しの皆さん、柳川のみなさん!」

 一段と大きくなる拍手。
 
 「RABISTAのみなさん!PA田中さん!」

 「本当にありがとうございました!!!」




・・・・。













おーーーーーーーれーーーーーーーはーーーーーーーーー????

おーれーのー名前は?

おーい おーい   おーい   おーーーい

あれ?あれれ?
ひとりぼっち?この会場でひとりぼっち??
まさかオレ、柳川の皆さんのくくりじゃないよね?

生まれ育った町で、行き慣れたカフェで遭難するとは思わなんだ。

ここは冬の八甲田山か。天は我々を見放した。寝たら確実に死ぬなこりゃ。


もーーーーーーーーっ。
このドS男め。まさかの放置プレイかよ。

嫌いじゃないけどさ・・・。


平井君に最後に言いたいことがあります。

「感謝していることをTonさんに面と向かっていってあげて下さい。」

たぶん喜ぶよー。


そしてまた柳川で会いましょう。

 
 悲しい気持ちになったり
 やさしい気持ちになたっリ
 そんなことをずっと
 ずっとくりかえしています

 (マーガレットズロース:あたらしい絵)

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

平井正也、おおいにうたう ~ふなとさんと二人旅 福岡編~

※ 先に「保育園ライブ編」「柳川編」を読んでください。


柳川のライブが終わり、撤収、片付けが終わったのが23:30。
平井君・船戸さん・owletの二人はライブ終わりで打ち上げ会場入り。

ついたら完全に出来上がっている会場。

乗り遅れた感がありますがそこは主催者。ちゃんと挨拶します。
すると船戸さんが「お疲れ様」と声をかけてくれました。
かなり気分よく飲んであった模様。

よかったよかった。

船戸さんにぞっこんの40歳オーバー男性を振り切り
奥さんと平井君、船戸さんの4人でこっそり2次会へ。

しかしまた話ながら眠る平井君。
そそくさと店を出て就寝。

2009年2月5日 10:30

なかなか起きない船戸さん。平井君と二人で実家の母がつくった
贅沢な朝食を頂く。お客さんが来ると私もいい思いを出来るからウレシイ。
ちなみにウニご飯。朝からウニご飯。キャー。

船戸さんも無事?起床。お昼過ぎに福岡に向けて出発。
会場のJuke Jointへ。

レコード屋さんへみんなで行こうといっていたんだけど
私は搬入・設営でおあずけ。二人は楽しそうに出かけていきました。チッ。

今回、私自身が福岡で主催するのは初めてだったので
色んな人の手を借りて宣伝していただきました。
ここで出来た繋がりは大切にしたいと思います。ありがとうございました。

19:45 15分押しでライブスタート。

hiraijuke1.jpg

この日、平井君の声をどうしても届けたい人がいた。
来てくれるか心配だったけど、遅くなるけど来てくれるという。

セットリストを見たら「世界は変わる」は4曲目。
この歌をどうしても届けたかったんだ。間に合ってくれ・・・。

すると3曲目くらいで入口のドアが開いた。間に合った。

安堵していると、前日とは違う「世界が変わる」が聞こえてきた。
そう、今日はギター一本でやっている。

シンプルに、研ぎ澄まされた言葉が染み入るように。

 自転車で川沿いをはしろう 夕暮れを見にゆこう 夜になれば
 きみがいてほんとによかったって 思い出せるだろう こんなぼくでも

 きみがいなくなっても 世界は続いてくって ほんとなんだね
 そのとき ぼくはどうしてる? そのとき ぼくは

 ロックンロールきかせてよ 愛とか平和のためじゃなく
 ぼくときみのために
 ロックンロールならしてよ 世界を変えるためじゃなく
 二人のために
 ロックンロールおしえてよ 未来を変えるためじゃなく
 今とかこの現実のために
 ロックンロールうたってよ 何回でもうたってよ
 二人のために 世界は変わる

歌っていうものは、うたってしまったら
聴いた人のものになると平井君は言う。

いろんな人のいろんな思いがあっていい。
それがいつかかならず届くと信じている。
だから私は音楽から離れられないのかもしれない。


心を揺さぶるライブは続いてゆく。

hiraijuke2.jpg

hiraijuke3.jpg

春になったら
ここでうたえ
べいびー
世界は変わる
斜陽
ヤキソバ
石鹸

ぼーっとして夕暮れ
たぶん飛行機を見ていた
商店街にいた人は何処いった?
右手と左手
マジックバス
檸檬
自己偏愛家の歌
あたらしい絵

EN
ふなとべーかりー

そしてラストは紅茶の歌。

この歌も昨日とは違う思いがのせられている。
柳川から連れてきた大切な思い。
友だちから友だちへ届けたい、
あたたかい、やさしい気持ちが目一杯詰まってる。

やさしい気持ちっていうのは、はじめはそうじゃなかったものがあるかもしれない。
色んな道を通って、紆余曲折して、まるくなってやさしくなっていくものもある。

それが本当のやさしさかもしれないな。
川原に落ちている小さな丸い石ころみたいに気が付かないことが多いけれど。


最後の拍手は平井君と船戸さんと3人で
雨が降っている福岡の空の下、雑居ビルの屋上で聞いた。

いろんな歌があって

いろんな思いがあって

いろんな優しさがあって

いろんな人と出会った


そんな奇跡の二日間が終わった。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

平井正也、おおいにうたう ~ふなとさんと二人旅 柳川編~

※ 先に「保育園ライブ編」を読んでください。

この日のチケットはSOLD OUT。

柳川でドリンク込みとはいえ2,500円のチケットを40枚売るのが
どういうことかみんなは知らない。

私は色んな人にこう言った。

「このライブを見てくれたら、私のやりたいことが分かる。」
「とにかく一回見てみて」と。

そこには何の保証も保険もない。
でもそれ以外に言葉が見つからなかった。

しかも私が必死で何かをやればそれが伝わるというわけでもない。
私に出来るのは懸命にその舞台を準備をするだけだ。

2009年2月4日 19:30

ほぼオンタイムでオープニングアクトのOwletスタート。

柳川でOwletは人気で集客も結構ある。
私が主催のイベントでは初めてオファーしたんだけど
最高のOAをやってくれた。
owlet.jpg
諸事情で活動を休止する前の貴重なライブ。
本当にこの夜の奇跡は、始めから決まっていたのかもしれない。
(※諸事情はOwletブログで発表されるでしょう)

そして休憩をはさみ平井正也と船戸博史登場。

2007年の渡辺勝さんと二人でやったLIVEがあまりにも素晴らしくて
そのイメージがどうしても離れなかった。

約2年ぶりのマーガレットズロースではない平井君のライブ。
不安がなかったといったら嘘になる。

1曲目 2007年と同じ「春になったら」
そしてウッドベースの音をバックにメンバー紹介から「ここでうたえ」

まったく、自分の心配性が嫌になる。凄すぎる。ヤバすぎる。

hirairabi1.jpg

hirairabi2.jpg
静と動、剛と柔、喜怒哀楽全ての感情を爆発させる。

あきらかに2007年とは違う平井正也が目の前にいる。
船戸さんのベースが凄いというのもある。
しかしあれから2年。場数を踏んだ男の姿がそこにはあった。

たぶん飛行機を見ていた
べいびー
世界は変わる
斜陽

めくるめく名曲の数々。

「右手と左手」から問題作「マジックバス」の繋ぎは
ブルーハーツの1001のバイオリン以来の衝撃。
あのCDを買ったのが大学生。いま35歳。
まさかまたあの時と同じ気持ちになれるとは思わなかった。

ぼーっとして夕暮れ

そして本編ラストの「石鹸」ではものすごいコール&レスポンス。
小さな子どもから年配の方まで、まさに会場がひとつになった。

アンコールの手拍子が鳴りやまない。

アンコール1曲目は「三丁目にラッパが響く」
これは柳川日記のCDを買った人は分かると思うけど
朗読からピアノをバックに歌うアレンジが最高に素敵だったので
どうなるんだろうと思っていたのだけど、もちろんいらぬ心配だった。

心温まるMCを挟みラストの「紅茶の歌」

 あたたかい紅茶の中でとける白い角砂糖のように
 君の中の不安をボクがゆっくりゆっくり溶かしたいよ
 やわらかい口の中でとける甘いこんぺいとうのように
 君の中の不安をボクがゆっくりゆっくり溶かしたいよ

人生は遊園地。

人生には開園時間と閉園時間がある。
どんなに辛いことがあっても、つまずいても、
うつむいていても閉園時間は必ずやってくる。
それならば前を向いて歩こうよ。すぐに何かはじめようよ。
ちょっとだけ頑張ってみようよ。楽しまなくちゃ損だよ。
ここは遊園地。

このライブを見てあなたの心のろうそくの火が少しでも揺れたなら
私にとってこれ以上の幸せはないよ。

そう、たぶんこれが私のやりたいことだったんだ。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

平井正也、おおいにうたう ~ふなとさんと二人旅 保育園ライブ編~

2009年2月3日 17:45

福岡県柳川市の西鉄柳川駅に平井君と船戸さんを迎えに行った。
平井君とはマガズロの世界が変わるワンマンだから11月終わり以来か。

私の車に二人の機材をのせて、まず一本目のライブ会場である
保育園でリハーサル。

しかし今回の3日間は全く私のプロデュース。
一番重きに考えてることがあるのです。

ライブツアーといっても旅。楽しまなくちゃということで
ゴールデン胃袋ツアーも同時進行で行われるのです。

アーティスト殺しでございます。
リハーサルの時間を削ってまで食事にあてるイベンターはそうはいませんぜ。

でもリハもしっかり、食事もしっかりってことですよ。

その夜は保育園からの同級生にチョイスしてもらって
有明海の魚を食べにいきました。

感想はお二人のブログなんかにあげられると思いますので要チェック。

我々でもなかなか食べられないものばっかり。うまいし安い。
同級生には感謝感謝。持つものは友だちやね。

ちなみに柳川市大和町の「大津屋」という居酒屋さんです。

最近、平井君飲みながら寝るのね。
船戸さんはすっごい無口であんまり喋らなかったなぁ。

次の日は朝からライブなので一軒で終了。
皆さんTon家ご宿泊でございます。

私は帰ってすぐ布団に潜って記憶がない。
船戸さんもお風呂上がって爆睡。
平井君は毎度のごとく風呂で寝ていたそうな・・・。

深夜に船戸さんと私のコラボレーションが聴けたそうな。いびきの。

2009年2月4日 9:00 3人で奥さん手作り朝食をたべて準備。
がめ煮や明太子、赤貝のビラ味噌汁で朝胃袋を責め立てました。
もちろんお二人ともご満悦。

そして保育園ライブ。

hirai1.jpg

ヤキソバはマガズロの歌としても、フナトベーカリー、フロシキ仮面を聴けるなんて
保育園の子どもといえど贅沢だよ~。

hirai2.jpg

hirai3.jpg

最後は石鹸のコール&レスポンス。これは毎回大爆発。

音楽って本当に伝わるんだね。ちゃんと1歳の子どもがノってるんだもんね。
いまでもヤキソバなんかバスで流すとノリノリです。

アンコールは「上を向いて歩こう」

この曲はお誕生会で年長組の子ども達が歌ったことがあって
平井君が曲名を言ったときに「やった!」ってよろこんだ。すごいね~。

大合唱でライブ終了。

そして恒例の抱っこ会が始まったのでした。

hirai4.jpg

しかしTonプロデュースツアーはハードスケジュールです。
昼食はうなぎ祭りが待っております。

ここでオープニングアクトを努めてくれるOwletと合流。

いつもの「古蓮」はなんと定休日。

私も初めて行く「川よし」へ。
うなぎのたたきを初めて食べました。これはうまい。
(詳しくはOwletのブログに詳しく書いてあります。)

そして会場のcaffe RABISTAへ

伝説の夜が始まる・・・。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

マーガレットズロースの柳川ワンマン サイドストーリー(3)

やや押し気味にセッティング・リハが始まった。

その間中私の携帯はブルブルしっぱなし。
ショートパンツのポケットに入れていたものだから
ビリビリと振動が伝わってきて○△□×しちゃったYO。

と、軽いタッチで書いてしまったが、本当は色んな人に頼んでおいた
チケットの最終予約の報告だった。

「最終的に4枚です。」「6人で来るようになりました・・・。」


みんなアリガトーアリガトー(嬉泣)


うっうっ・・・世知辛い世の中になったと言われているけど、
持つべきものは友達だ。後輩だ。知り合いだ。親戚の友達のいとこだ。人類皆兄弟!!

みんなアリガトー。最高のLIVEをやってもらうからね。
これがロックンロールなんだってやつ。


7月8日(日)曇 18:30

開場前になったら、降っていた雨がやんだ。
奇跡だ、奇跡の晴れバンド、マーガレットズロース。
今日の台風も逃げていくはず。(7/14現在)

オープニングアクトは地元が誇るスカバンドvic bongo!

785-1.jpg
この時点でもう立ち見が出るくらいに満席なっていた。

子ども達の顔もチラホラ・・・。
お客さん同士で小さな子どもに席を譲ったりしてくれていたのも嬉しかったなぁ~。

柳川最高!!

vicbongoの演奏終了。場は完全に暖まった。


セットチェンジが終わり、予定より20分遅れ。照明が落ちていつものSEが流れ始めた。
ニールヤングのライクアハリケーン。

普段より演奏する前の時間を長くとったような気がする。


SEが終わった瞬間になんと拍手がおこった。こんなことは初めてだ。
その拍手とクロスフェードするように「きみと宇宙を見てる」の静かなイントロではじまった。

786-1.jpg

787-1.jpg

788.jpg

1. きみと宇宙を見てる
2. エキセントリック・マン
3. ポラロック
4. 懲りない男
5. ここでうたえ
6. おやじ
7. べいびー
8. ぼーっとして夕暮れ
9. 自転車にのって
10. あたらしい絵
11. どどど
12. 斜陽
13. マーガレットズロースのロックンロール
14. ボロボロ
EN1 石鹸 (+vicbongoホーンセクション)
EN2 ネオンホール

789-1.jpg

7810.jpg

7811-1.jpg


今回の斜陽は特筆に値するヤバさだったと思います。鳥肌が立った。

セッションの石鹸ではお客さんも大盛り上がり、ネオンホールで終了。

物販ではお客さんが列を作り、旧譜も沢山売れたというのがワンマンライブの
特徴だったかもしれない。

さて、私の感想はと言うと・・・やっぱりお客さんで見てみたいな・・・。
色んな事が気になってLIVEに集中できないっす。

次回あるときはスピーカーをフロント4発にしてワイドにセッティング。
どこに居ても良い環境で聴けるようにしたいとか、やっぱりそんなことを思うのでした~。


深夜のTon家で身支度をして、翌日AM8:30 ズロースカーは出発したのであった。


LIVE終了後、発表したようにマーガレットズロース BABY GO 4に出演決定しています。
ツアーで場数を踏んで、たぶんもっともっと成長して帰ってくる彼ら。
今度はどんなステージを見せてくれるのでしょうか?

それまでSee. It's fun right?でのイベントはたぶんお休み。(ブログは年中無休)


10月8日(月祝)BABY GO 4でお会いしましょう。


テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

| TOP | NEXT

プロフィール

Ton

Author:Ton
福岡県の柳川市で音楽イベント
をやってます。誰に語りかける
ともなくポツリポツリと独り言

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最新コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。