スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓄膿症大作戦 【目次】

20090603175130.jpg

● 蓄膿症手術日記 蓄膿症大作戦 目次 ●

■ 入院前夜
■ 蓄膿症大作戦【その1】
■ 蓄膿症大作戦【その2】
■ 蓄膿症大作戦【その3】
■ 蓄膿症大作戦【その4】
■ 蓄膿症大作戦【その5】
■ 蓄膿症大作戦【その6】
■ 蓄膿症大作戦【その7】
■ 蓄膿症大作戦【その8】
■ 蓄膿症大作戦【その9】
■ 蓄膿症大作戦【その10】
■ 蓄膿症大作戦【その11】
■ 蓄膿症大作戦【その12】
■ 蓄膿症大作戦【その13】
■ 蓄膿症大作戦【その14】
■ 蓄膿症大作戦【その15】
■ 蓄膿症大作戦【その16】
■ 地獄は続くよどこまでも
■ それでもオアシスはある
■ 脱出

■ 蓄膿症大作戦【まとめ1】
■ 蓄膿症大作戦【まとめ2】

スポンサーサイト

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

蓄膿症大作戦 【まとめ2】

蓄膿症大作戦 【まとめ1】

術後1日目

20090606032436.jpg

 ガーゼの下は画像のような状態。とにかく鼻が全く通ってないので水を飲むのも
一苦労です。午後の診察で鼻の中部から血と膿を吸引してもらったので、ほんの
少し鼻が通りました。これでもかなり違うんですよ。鼻って大事なんですね。

術後2日目

 この日チューブと中にある風船を取り出します。風船はガーゼを付け替えなくて
済むようにするために開発されたこの病院独自のものらしいです。そのおかげで
毎日付け替えという事はありませんでした。取り出しも痛みはなくかなり快適に
なります。

術後3日目

 この日は診察は無し。鼻の奥にはまだガーゼが残っているために頭が重たいです。
ダラダラと流れてくる出血はだいぶん無くなりました。

術後4日目

 鼻の奥にあるガーゼを取り除きます。さすがにこれは痛かった。傷口にあてている
ガーゼを剥がすんだからそりゃ痛いですよね。右に4つ左に5つ。全部出てきたときは
ホッとしました。しかしまた新しいガーゼを詰め直して10分休憩。喋る元気すらありま
せん。そして新しいガーゼもまた取り出し、血濃(造語です)を吸引します。えぇ地獄です。
タップリ入っていますので5分くらいかけて吸引します。終わって病室に戻ったら泥の
ように眠りました。

術後5日目

 この日手術の初のシャワーが許可されました。もう気持ちいいったらありゃしない。
そのあと診察。この日より診察は吸引のみになります。ガーゼを取り出すよりこの
吸引の方が痛いです。これから何回やらなければいけないのかと思うだけで憂鬱
になります。

術後6日目

 お昼の診察(吸引)が終わるとそのまま退院です。しかしそれで解放ではありません。
退院後1週間に2回通院しなければなりません。もちろん血濃吸引のために。私は
痛みがひかなかったために2日間入院を延長しました。

術後20日目

 手術から20日間くらい経っていますがまだ週2回通院しています。吸引の痛みは少し
やわらいできたように感じます。吸引の時間も短くなってきました。しかしまだ頭が重い
感じがありますし、鼻を触ると少し痛みもあります。鼻が通っているかといえばそうでも
ありません。

 だいたい完治まで1ヶ月以上かかるということなのでスッキリするのを信じて待ちたい
と思います。

 今後の経過はこの記事に追記という形でやりたいと思います。とりあえずこれが今の
本当の経過と気持ちです。

 手術を受ける人はもうどうしようもなくなって受ける人がほとんどですね。だって手術前
にこの記事読んだら私だって躊躇しますよたぶん。

■ 術後 約半年


手術後半年がたちました。もうねこの記事読んで手術を躊躇った人に謝りたい。
結論から言いますとかなり快適です。鼻づまりがほとんどありません。冬をこんなに快適に
過ごした事なんてなかったです。こんなに違うなんて思いもしませんでした。

■ 結論

手術おすすめです。人生変わりますよホント。




テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

蓄膿症大作戦 【まとめ1】

「蓄膿症」で検索されて来られている方も多いみたいですので
ちょっと手術・入院をまとめておきます。

手術したくなくなったらゴメンね。※長文です。


慢性鼻炎の人生

 幼少期より学校の検査で「慢性鼻炎」と診断されておりました。
母も鼻の手術を2回していましたので、お前も手術せやんよ~と
いつも脅かされていました。ずっと口でしか呼吸をしていなかったので
扁桃腺も弱く腫れております。歯医者で治療してもらうときなど鼻で息が
出来ないことでずっと苦労しておりました。

2009年2月

 ある朝、急に鼻声になりました。遂に花粉症になったかと思いましたが
病院には行かず放置。花粉症だと認めたくなかったからです。

 すると2週間くらいたって耳が片方詰まったようになりました。
耳に水が入ったような感じです。なにをしても治らなかったので
遂に耳鼻科に行くことにしました。

 病院でレントゲンを撮り、血液検査の結果花粉症ではなく蓄膿症と
診断されました。レントゲンでは両頬は真っ白。おでこの部分も半分
以上白くなっていました。

 薬で長い期間治療することになりました。耳のつまりは耳管カテーテル通気法
でスッキリしますが、すぐにつまってしまいます。

2009年3月

 ついに運命の日を迎えます。病院から帰ってきたらちょっと左目の奥が(裏側)
痛くなってきました。仕事中でしたが休憩をもらって横になっていましたが、起き
たら歩けないほどの激痛が襲ってきました。その日は仕事を早退し急遽病院で
痛み止めをもらってきました。

 もう病院を変えた方が良いんじゃないかということで、探してたとき
友だちの3B相方が副鼻腔炎の手術をしたのを思いだし連絡をとりました。
正直、かなりの激痛でしたので手術を覚悟していました。

 大体の話は聞いていましたが、確認しておきたいことがありました。
全身麻酔での手術だというのでチ○コに管を入れられるかどうかです。
胆石摘出手術をしたとき管が入っていましたので、それだけは回避した
かったんです。

答えは入れられなかったということ。すぐに病院変更しました。

2009年4月

 福岡県大牟田市にある某有名耳鼻科に通うようになりました。有明沿岸
道路のおかげで柳川からの通院も苦になりませんでした。ビバ道路族のドン。

 初日に受付で手術ご希望ですか?と聞かれましたが診察次第で考えます
と答えました。出来るなら手術も回避したいところですから。診察結果は蓄膿症
と鼻骨湾曲?だったかな?とにかく手術した方が良いだろうとのこと。ただし
カメラを使ったハイテクな診察でどこがどうなってどういう手術をするとどうなるのか
ということを丁寧に説明してくれました。

 勇気を持って手術を決断。しかし手術日程が詰まっていて2ヶ月後の6月だと
いう事。さすが人気病院は違うね。

2009年6月

 1週間前に術前診断があります。採血、心電図。アレルギー検査など。
そして手術前夜から入院です。この時の夕飯はうまかった。

手術当日

 16:30が手術予定時刻。朝食は食べられました。11:00より絶飲食。
11:30頃より点滴が始まりました。そして麻酔科の先生が挨拶。

 予定より2時間遅れて手術室に入りました。自分で歩いて手術台まで行き
横になります。口の上にマスクみたいなものをのせられ「なんか苦いな」と思って
いるうちに意識が飛んでいました。※全身麻酔

 病室にはベッドで帰ってきたみたいで、すぐに起こされます。手術の時間は
1時間くらいだったそうです目が覚めてもぼーっとなりますが1時間半後に飲み物OK。
2時間くらいで歩けるようになります。モニターを付けているうちは寝たり起きたりですね。

20090605021259.jpg

 この時によく記事書いたなと自分で感心します。まずは全身麻酔の時に気管に
管を入れられた時の違和感が苦痛です。喉がイガイガする感じ。とにかくうがいが
したくてトイレに行きました。このとき鼻が完全にふさがっているので、うがいもうまく
できません。鼻からは絶えず出血していてガーゼ交換も頻繁にしなくてはいけません。

20090605111624.jpg
 
 もちろん痛みはあります。座薬は5時間インターバルをあけないと使用できません。
痛くなってから使用しても効き始めまでが結構痛いです。5時間ローテーションで
使っていたらあんなに苦しくなかったでしょう。

つづく

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

脱出

20090612152615

ごめんよ、僕にはまだ帰れるところがあるんだ。こんなに嬉しいことは無い。
分かってくれるよね、ララァにはいつでも会いに行けるから・・・。

うぃぃぃぃぃぃーーーーーーーーーっす。

帰ってきたぜベイベーーーーーーー。



まだ鼻痛いッスけど。

お見舞いやらメッセージやらメールやらありがとうございました。
無事退院することが出来ました。あざーす。

蓄膿症大作戦いかがでしたか?
少しは蓄膿症の手術がどういうものかお分かりいただけたでしょうか?
これを読んで少しでも勇気がでたら幸いです。

鼻はスッキリした方が良いですよ。
ずっと悪いよりも手術することをおすすめします。



やれるもんならな。

ケケケケケケケケケケケケケケケケケケ。


半端なく痛いッス。
まだ臭いも味もしませんが、スッキリしたら手術して良かったって思うでしょう。

たぶん。

スッキリしたらまた結果報告いたします。


全ての蓄膿症予備軍へ愛を込めて。

蓄膿症伝道師 LETHOT TON

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

それでもオアシスはある

20090611153757

確かに治療は痛いけど、滅多にない入院生活。
この時間を無駄にするのはもったいない。

この風通しのいい場所にあるソファがお気に入りの場所です。
そこで本を読んでると贅沢な気持ちになるんです。

東野圭吾の「夜明けの街を」「流星の絆」
そして「パラドックス13」は読破。この中では夜明けの街をが好きだっな。

で、話題の村上春樹「1Q84」に入りました~。
東野チルドレンの私がどう感じるのか楽しみです。

あした退院出来そうです。

やっと帰れる。治療は続くけど。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| TOP | NEXT

プロフィール

Ton

Author:Ton
福岡県の柳川市で音楽イベント
をやってます。誰に語りかける
ともなくポツリポツリと独り言

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最新コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。